米倉涼子が足切断のデマが流れた理由は?現在の病状が関係してる? 

米倉涼子が足切断のデマが流れた理由は?現在の病状が関係してる?

ドクターXなど数々のドラマや映画で大人気の米倉涼子さんですが、最近メディアに登場する回数がぐっと減ったような気がします。

米倉涼子さんが足を切断したというデマが流れましたが、現在の病状と関係があるみたいですよ。

この記事では、

  • 米倉涼子さんはなぜ「足切断」というデマが流れたの?
  • 米倉涼子さんの現在の病状は?
  • 米倉涼子さんの今後の活動は大丈夫?

などについてリサーチしてまとめました。

米倉涼子さんは長年続けてきたミュージカル「シカゴ」を降板されたので心配ですよね。

米倉涼子さんの今後の活動がどうなるのか気になる方は、最後までお読みください。

スポンサーリンク
目次

米倉涼子が足切断のデマが流れた理由は?

出典:https://www.instagram.com/p/C6nqznHOecQ/?hl=ja

米倉涼子さんが足切断したとのデマが流れ、検索している人が増えているようです。

しかし米倉涼子さんは2024年6月現在も活躍中で、足を切断していません。

米倉涼子さんは一時期、病気によって車いすや杖を必要とした生活となったことが「足切断」のデマが流れた理由だと思われます。

詳しくは後述しますが、米倉涼子さんが2019年に病気を公表してから、様々なSNSのタイトルに「足切断」という文字が使われるようになりました。

おそらくSNSで米倉涼子さんが足切断のタイトルを目にしてファンが不安になったのでしょうね。

しかし米倉涼子さんは現在も闘病中だということが分かっているので、今後の活動がどうなるのかなどをリサーチしてみました。

スポンサーリンク

米倉涼子の病状が関係してる?

米倉涼子さんが「足切断」と噂されたのは、現在の病状が関係していると思われます。

米倉涼子さんは、
2019年10月7日に低髄液圧症候群であることを公表。
2022年には急性腰椎症で車いす生活の時期がありました。

2019年、ドラマ「ドクターX」制作発表のときに米倉涼子さんが低髄液圧症候群であることを明かしました。

低髄液圧症候群を公表したとき、米倉涼子さんは44歳でしたが、48歳になった今でも病気は完治していないようです。(2024年現在)

低髄液圧症候群とは

髄液という脳と脊髄の周りを満たす液体が少なくなることにより、頭痛・めまい・首の痛み・耳鳴り・視力低下・全身倦怠感などの様々な症状を伴う病気です。

引用元:https://medicalnote.jp/contents/150605-000001-BNHBNX

低髄液圧症候群は交通事故の後遺症などで発症することがあるらしいのですが、米倉涼子さんは大きな事故にあったことがなく、今まで転んだりぶつかったりしてきたことが病気の原因なのではないかと言ってました。

米倉涼子さんは激しい動きを必要とするミュージカル「シカゴ」に2008年~2022年まで度々出演していたので、もしかしたら身体に無理を重ねていたのかもしれません。

米倉涼子さんミュージカル「シカゴ」とその他の活動状況

  • 2008年と2010年:
    日本語版「シカゴ」でロキシーのオリジナルキャストとして主演。
  • 2012年:
    「シカゴ」にてブロードウェイデビューを果たす。
  • 2017年:
    「シカゴ」20周年アニバーサリーイヤーで2度目のブロードウェイ出演。
  • 2019年:
    ブロードウエイにいく直前に低髄液圧症候群と診断される
    「シカゴ」3回目のブロードウェイに出演。
    10月7日に低髄液圧症候群を公表。
  • 2022年:
    4度目のブロードウェイ出演の予定だったが、急性腰痛症および仙腸関節障害のため降板

ミュージカル「シカゴ」は米倉涼子さんが初めてブロードウェイで日本人がアメリカ人の役をしたって注目されてたわ!(しかも主演)

米倉涼子さんは2019年、3回目のミュージカル「シカゴ」に出演する前に低髄液圧症候群と診断されました。

このときすでに「まっすぐ歩けない」「壁伝いで歩く」「灯りがつながって見える」などの症状が出ています。

どうしてもミュージカルに出演したかった米倉涼子さんは、髄液が漏れないように穴をふさぐ治療をしました。

絶対に 絶対に絶対に行きたかったので ブラッドパッチといって自分の血を抜いて それを硬膜外っていうか 骨髄の周りに入れるんですけどそれで穴をどこかをふさごうっていう治療をして

引用元:https://ameblo.jp/nenlindream/entry-12799922147.html

同年2019年に公開されたドラマ「ドクターX」は杖をつきながら撮影したとのことです。

そして2022年、4度目のミュージカル「シカゴ」は急性腰痛症および仙腸関節障害による運動機能障害で降板しています。

このときの米倉涼子さんはベットから降りるのに1時間もかかり、車いすと杖の生活だったとか。

呼吸するだけで体に激痛が走ったみたい。

米倉涼子さんの腰痛は小学生のころからだよ。
バレエの練習が大変だったって。

2023年秋に公開された映画「ドクターX」は米倉涼子さんの体調を気遣い、撮影期間が通常より短かったらしいです。

米倉涼子さんは現在、ピラティスをしながら体調を整えることに努力しています。

米倉涼子さんが睡眠をとって、動ける身体を取り戻してやる!と言ってたよ。

本当なら1か月は安静にしていないといけないそうなのですが、米倉涼子さんはなかなか安静のための時間がとれないそうです。

米倉涼子さんが活躍してくれるのは嬉しいですが、体調を優先していただきたいですね。

スポンサーリンク

米倉涼子さんには支えてくれる男性がいるんですよね。

米倉涼子さんの結婚については、こちらの記事に詳しく書きましたのでどうぞ。

まとめ

米倉涼子が足切断のデマが流れた理由は?現在の病状が関係してる?についてまとめました。 

  • 米倉涼子さんの足切断はデマ。
  • 米倉涼子さん足切断のデマが流れたのは、低髄液圧症候群を公表したためだと思われる。
  • 米倉涼子さん足切断のデマが流れたのは、急性腰痛症でミュージカルを降板したためだと思われる。

これからの米倉涼子さんの活躍を期待していますが、くれぐれも体調には気を付けてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次